インドの国技カバディの意味はインド人も知らなかった

インドの国技スポーツカバディの意味。
インド発祥のスポーツ攻撃側は常にカバディカバディと声を出し続けそれが競技名にもなっているかバディですが実はインド人もカバディの意味を知らないそうです。
紀元前獣に対し武器を持たずに多彩なテクニックを用いて2人で囲み声をかけながら捉えるという武器を持たずに戦う技術獣の襲撃から身を守る方法がやがてスポーツとして成熟しカバディが生まれたとされています。
カバディという言葉自体に意味は無く無心に発生することで平常心へと導き体と心を一体にするマントラなのだそうです。
また、サラフェプラス 鼻汗という顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、掃除の日にかぼちゃを食べるのは何で。
冬至は一年で一番夜が長く昼が短くなる日です。
昔から冬至にかぼちゃを食べると長生きするとか風邪をひかないなどと言われています。
かぼちゃは冬でも食べられる数少ない野菜のひとつで夏に収穫されたものを貯蔵して食べられてきたのだとか。
野菜の少ないこの時期には大切な栄養源だったのでしょう。
実際かぼちゃにはビタミンa をはじめとするビタミン類が豊富に含まれています。
また貯蔵することによりでんぷん質が糖質8分解されより甘く美味しくなるのだとか。
栄養豊富で貯蔵性もあるかぼちゃは冬を乗り切るための大切な食材だったのですね。