綺麗な海が広がる瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば

綺麗な海が広がる瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば、ワタリガニのことで足の先端がひれの姿態となっており、海を泳ぎ抜くことが出来るためこの名前となっています。甲羅幅が13センチより大きい物でなければ漁をする事が許されていません。
花咲ガニに関しては短期の水揚で(5月~8月)、いわゆるシーズンの短期間だけの希少価値があるため、食べる機会が今まで一度もなかったという人も多いことでしょう。
ダシの効いている松葉ガニも脱皮後の殻が柔らかい水ガニも、二種ともにズワイガニのオスだと言われています。かと言って、同じ様な甲羅のボリュームでも松葉ガニの販売価格は購入しづらい状況なのに、水ガニは結構低価格と言えます。
毛ガニ通販、私たち日本人にとっては一度試したいものです。新春に一家揃って食べたり、凍えてしまいそうな冬の日、あたたまるカニの鍋を仲間たちとつつくのも日本の食文化の醍醐味です。